花粉症と免疫との関係

花粉症と免疫との関係[ファスティングダイエットなび]

MENU

花粉症と免疫との関係

プチ断食と花粉症は、とくに関係がないように感じられますが、
実は深い関係があるとされています。
プチ断食は、デトックスダイエットの一環として行うこともあり、
体内の老廃物や毒素を排出させることで、花粉症の原因とされる
アレルギー体質の予防・改善にもつながるということで、注目されていますね。

一昔前には、花粉症という言葉も存在していませんでしたが、
とくに鼻の疾患がない人でも、毎年春になるとスギ花粉が飛来して、
くしゃみや鼻水などの症状に悩まされる人も多く、これを花粉症と呼んでいます。

地球の温暖化の影響などもあり、毎年春のスギ花粉の量がどんどん増えており、
花粉症は子供から大人まで、今や国民病とも言われているほどです。

しかし、花粉が飛んできても、免疫機能がしっかりしている人は、
花粉症の症状が出ることはなく、アレルギー体質の人は、
免疫が過剰に反応して花粉症の症状が出るようです。

プチ断食でデトックスダイエットを行うことにより、
花粉症になりやすい体質を改善させるきっかけになることでしょう。

プチ断食と免疫との関係は?

プチ断食と免疫との関係について、考えてみましょう。
プチ断食は、あえて普通の食事をしないことによって、

胃腸や肝臓などを休ませることにより、内臓のストレス解消をすることで、
その機能をより向上させる作用が期待されています。

胃腸の疾患にかかると臓器そのものに痛みを感じることはあっても、
肝臓の疾患にかかっても肝臓に痛みを感じることはまずありません。

肝臓は、腎臓とともに沈黙の臓器と呼ばれているほどで、
わたしたちが気づかない間に、臓器にストレスや疲労がたまっていると、
本来の機能が衰えてしまうこともあります。

プチ断食ダイエットは、若い女性に人気が高いようですが、
年末になると飲み会が多い若い男性や中年の男性に、
積極的に実践していただければ理想的です。

栄養のあるものをたくさんダルことで、免疫力をアップさせると思う人も多いようですが、
実はそれは間違いで適度に食する程度で良く、食べることを重視するよりも、

体内にたまった老廃物や毒素を排出させることのほうが、
腸内環境を良くして免疫力のアップにもつながるということを知っておきましょう。